iPhoneの画面が割れてしまった場合にすること

あなたはiPhoneユーザーですか。
それともその他のスマートフォンユーザーですか。
もしあなたがiPhoneユーザーならば、あなたはそのiPhoneにカバーやケースを施していますか。
携帯電話は精密機械なため、もし今あなたがケースもカバーもしていないのならば是非つけるようにしてくださいね。
多くのiPhoneユーザーはケースをしていないため、画面がバキバキに割れてしまっている人を街中でよく見かけます。
今回はあなたが携帯を落としてしまって、画面が割れてしまって画面が見づらくなってしまった場合はどのようにしたらいいのかご紹介します。

iPhone修理をする

画面が割れているとガラスが刺さってしまったり、最悪の場合では液晶が漏れてしまうこともあるため放っておくことはよくありません。
今はiPhoneセンターでもなおすことは可能ですが、修理屋さんのような会社もあるので、iPhoneが出た当初に比べ、比較的安価に直せるようになりました。

画面の割れを防ぐために

今iPhoneケースはすべてにおいて種類がたくさんあるため、どんなものでも良いでのケースをつけることをお勧めします。
何もつけていない状態で落としてしまうと、ダイレクトに衝撃が携帯に伝わってしまうため、目立った傷がなくても内部には大きな衝撃となって蓄積されていきます。
最悪の場合は一度落としただけでも画面が割れてしまったということもあるため、画面の割れを防ぐためにもケースをつけましょう。
いずれにしてももしiPhoneの調子が悪くなってきたと感じた場合は大きな目立った外傷などがなくても、iPhone修理にだすことで解決することもあるので、一度iPhoneショップなどに持って行ってみるといいかもしれませんね。
kuykuopu
iPhoneユーザーは日本国内だけで言えば、もっとも多いと言われています。
機能のレベルも見た目も非常にハイレベルなiPhoneですが、iPhone修理に出さなくてはいけないことが多くあります。
そこで画面にヒビが入ってしまう、画面が割れてしまう理由について紹介します。

ズボンの後ろポケットに入れてそのまま座ってしまう

iPhoneの画面は少しの圧力がかかってしまうだけでも画面にヒビが入って割れてしまいます。
一般的なスマーフォンの画面とは仕様が違うため注意が必要です。

床や地面に落としてしまう

愛フォンの画面はガラス製なため、コンクリートやアスファルトの地面に落としてしまうだけで、ばりばりに割れてしまいます。
強い衝撃でなくても、力の加わり方によっては簡単にヒビが入ってしまいます。

カバンの中で割れてしまう

カバンの中に入っていた化粧ポーチや筆箱のように少し硬いものが当たったりなどし、カバンの中で圧力がかかってしまい割れてしまうこともあるようです。

強くタッチしすぎて割れてしまう

これはiPhoneでよくゲームアプリをする人にありがちで、ゲームに熱中してしまうばかりに力が入りすぎてしまい、画面に強い圧力がかかってしまうパターンです。
もし力強くしなくてはいけないほど、画面をタッチしなくては反応しない場合は、強く押してゲームを続行するのではなく、画面のタッチスクリーンに問題があるので、そちらを解決しましょう。
以上のようにiPhoneの画面は非常にデリケートな素材なため、丁寧に扱う必要があります。
そのため、誰でもすぐに割れてしまうリスクがあるので、カバーをつけたり、画面保護シールを貼ったりするなど、少しでもリスク回避をしておく必要があります。

参考サイト!

iPhone修理のモバイルフォンプロテクター「モバプロ」【http://mobilephoneprotector.jp/】

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

[2015-12-24]
iPhoneの画面が割れてしまった場合にすることの情報を更新しました。
[2015-12-10]
iPhoneのカメラの修理についての情報を更新しました。
[2015-12-10]
iPhoneのタッチパネルが反応しないときの対処法の情報を更新しました。
[2015-12-10]
あなたにも起こる?画面が割れてしまう日常生活の1シーンの情報を更新しました。
[2015-12-10]
あなたのiPhoneは大丈夫?ひび割れてしまった場合にはすぐに対処をの情報を更新しました。
△PAGE TOP